LINEで送る
Pocket

普段の何気ない会話ならいいのだと思いますが

仕事においてはなんとなくお互いのイメージが

合ったつもりになる便利な言葉達には、

よくよく注意が必要ではないか、というお話です。

 

特にカタカナ語に多いと思いますが、

コミュニケーション、ボトムアップ、ユーザーファースト、

システム、一体感、踏ん張り、追い上げ、将来的に、

といった言葉達を使った時に抱くなんとなくの

イメージはお互いに合っていても、いざその状態で

仕事を始めると、’ずれ’が目立ち始め、おかしいな?と

思った時にはすでに遅し、あるいは三歩歩いて三歩か四歩ほど

下がることになることがあります。

 

例えば「本部ともコミュニケーションをとって進めましょう!」と

なった時に、そうだそうだ!と思ってそれぞれの’コミュニケーション’で

進めていった結果、自分ではちゃんとやってるはずなのに

相手から「コミュニケーション取ろうって言ったじゃないか、

なんでやっていないんだ」とか

逆に相手に対して「コミュニケーション取ってないじゃん、口だけか」

みたいな感情を抱いてしまうことがあります。

 

コミュニケーションって具体的に何を指しているのか?を明らかに

していない状態だと、考え方が似ている人でない限り、

それぞれのコミュニケーションで考えてしまっていて、

そこに認識の齟齬が発生することで、いろいろともつれてしまうわけです。

 

面倒だなと思われたとしても、重要な部分では言葉の意味するところを

具体的に明らかにした上で物事を進めないと、後々、

こんなはずじゃなかった、ということになりかねません。

 

言った言わない、みたいな話になるのも面倒ですし、

曖昧な表現は極力なくすかその内容を明らかにすることを

オススメします。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です