LINEで送る
Pocket

たんぽぽというマンガを読みながら

一律の価値観が人を左右すると

感じました。

 

たんぽぽというマンガはとても素敵なマンガで

大切なことを気づかせてくれる、改めて教えてくれる、

そんなマンガで私は好きなのですが、

この物語の中で、夫が郊外のマイホームから

毎日満員電車で出勤し薄給ながらも

会社の中で四苦八苦しながら仕事に打ち込む、

家に帰ると優しい奥さんとかわいい子供に癒され、

また仕事に励む、

という高度経済成長期的な様子が

描かれるのです。

そこでは、そういったライフスタイル、つまり人生における

時間の使い方、優先順位というものが

根底に流れていて、それをよしとする、

それで幸せだと思うことが当たり前だった時代だということが

伝わってきます。

それは必ずしも悪いことではないし、否定するものでもないのですが、

多くの人がそのような価値観で生きていたというのは

少なからず周りの人も同じ価値観だった、

あるいは価値観だと思っていた/思わされていたことが

あったと思っています。

どのように同じ価値観が形作られていったのか、

それはマスメディアを介して誰かがコントロールしていたのかもしれませんし、

自然発生的にそうなっていったのかもしれません。

気をつけたいのは、ほんとうにその価値観でいいのかということを

自分で考えずに過ごしてしまうことです。

自分で考えなくとも、特定の価値観上、満足できる

暮らしが死ぬまで維持でき、幸せを感じられればそれでもいいでしょう。

しかし、どこかで梯子を踏み外したとき、

相当つらいことになる、実際になっている人もいるのではないかと思います。

今は企業に勤めてマイホームを買って

子供を育てて、仕事に明け暮れてというスタイルだけが

幸せではないという風潮になっていますが

逆に仕事に明け暮れず、プライベートとのバランスを取ることが

ほんとうにいいことなのか、

単に時代の風潮や周りの雰囲気が

これまでとは違う方向に傾いているだけであって、

自分の幸せがそれで得られるのだろうか、

というようなことも考えてみることが

納得のいく人生をおくることにつながるのではないかと

思いました。

はてさてどうなんでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です